ブログトップ

とりのくらし  ■福岡・久留米で片づけサポート・アドバイス■

torikura.exblog.jp

紙類がどんどん積み重なり、どこに何があるのか分からない… E様ご感想

仕事の書類も新聞のチラシもパンフレットも、どんどん積み重なっていって、
どこに何があるのか分からなくなってしまう

とお悩みのE様

お片づけモニターのご依頼をいただきました


ご感想     
 物の居場所ができ、書類もすぐに取り出せて、ストレスがなくなった。

 以前より心がスッキリして豊かな気持ちになった。

 家族からも文句を言われなくなり、ストレスがなくなった。

 片付けは余った時間にするもの、まずは仕事優先と考えていたのが今は片付けも一つの仕事だと感じます。

 キレイだと心もゆとりが出て気持ちがいいので、片付けに当てるために、時間の使い方も注意するようになりました。


他の人に紹介するとしたら伊藤はどんなオーガナイザーですか?

 人あたりが良く、何でも質問できるのでとても安心できました。


f0245967_23204073.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事の書類を細かくキチンと整理するためにレターケースをたくさん集められたE様
しかし使い勝手がわるく、ずっと使っていない引き出しも多数…

そして引き出しに入れたいと思っていた書類はサイズの合わない小さなカゴにどんどん積み重ねてしまい、どこに何があるのか分からなくなってしまう…

まずは何故細かく分けることが維持出来ないのか、本当に引き出しに収納するのがベストなのか、一度考え直していただきました。

結果、量の増減が多い書類、枚数の少ない書類、一時的に保管する書類などはクリアファイルなどに入れて立てて保管、その他のものはレターケースに納まりました。


また、書類をしまう棚に続く通り道が狭く、そこまで行くのが億劫になり、つい手前の棚の上やダイニングテーブルに書類をためてしまう…通りやすくするために、通り道の家具を移動したい。

とのことでしたが通り道にある、物置きと化していたダイニングの椅子を一つ移動するだけで通路が広くなり、スムーズに行き来することができるようになりました。


使い勝手が悪いのは何故か?簡単に改良できる方法はないか?と、思い込みを捨てて一歩引いて考えてみると、意外と家にあるものだけで楽に解決できることもあります。


今回はお子さんが昔学校で作ってきてくれた木工工作の書類立てが出てきました。
書類の整理に困っているE様のことを思ってつくってくれたそうです。

使い勝手が悪く隅に追いやられていたので一等地に出して、その形に合った活用法を提案いたしました。

今では大活躍です。

全体的な使い勝手や場所の有効利用だけをみると改良の余地の残る仕上がりになりましたが、E様の「好き」や「大切にしたいおもい」を取り入れた、優しい収納が出来上がりました。



自分の家なんだから、一般的に何が正しいかばかりを気にする必要は全くありません。

楽しく嬉しい収納を心掛けることも大切だと思います



↓応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村
by maki31111 | 2013-11-30 22:27 |   片づけ作業ご感想 | Comments(0)
<< マクロビ講師による料理講座 in北野 ポイントカードの管理が負担です >>